我が漂流記

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
T君の弁当

 先日、中学時代の友人T君と市原方面にドライブに行った際、昼食をどうするかという話になった。しかし、その辺りには気の利いた店などないので、コンビニで弁当を買って車の中で食べることにした。ようやくみつけたコンビニで弁当を買って、助手席で買ってきた弁当を広げて食べ始めた僕は運転席のT君に「何の弁当にしたの?」と聞いた。T君は「俺は弁当持ってきたから」と鞄の中から徐にハンカチに包まれた弁当箱を取り出したのである。「え?自分で作ったの?」と聞くと、T君は「いや、作ってもらったんだ。いつも昼は弁当作ってもらうんだよ」と嬉しそうに言った。
 確か彼は数年前に父親を癌で亡くし、母親と二人暮らしのはずである。「へえ、そうなんだ。いいねぇ」とおいしそうに弁当を食べる彼の顔を見ながら僕は言った。普段、どちらかと言うと感情を抑えている彼がその時、とても嬉しそうに弁当を食べていたのが印象的だった。

ドライブから帰って、母親と話をしていた時、僕はT君が嬉しそうに弁当を食べていた理由が突然わかったきがした。それは、中学時代、何かの都合で給食が休みになった際、それぞれ弁当を持参して食べる機会が何度かあったのだが、T君はいつも一人だけ、弁当を持ってこなかった。みんなは、それに気づくと、「あげるよ」と少しづつおかずやおにぎりを分けてあげたものだった。T君はそれを申し訳なさそうにもらって食べていた。ある時、僕は不思議に思って、「どうして、いつも弁当を持ってこないの?」とT君に聞いたことがあった。T君は「俺の母親は本当の母親じゃないんだ」と寂しそうに言った。聞けば、T君を産んだ母親は物心つく前に亡くなって、今の母親は父親の後妻としてやってきたというのである。
そうした事情から弁当を作ってもらったり、甘えたりすることはできないというのである。それを聞いて僕は、「弁当も作ってもらえないのか…」ととても複雑な気持ちになったのだが、今思えば、T君は給食がないことがわかっても、母親に素直に弁当を作って欲しいと言えなかったのかもしれない。それが、今、40年近く経って母親に作ってもらった弁当を食べているT君の嬉しそうな顔を思い出していたら、急に目頭が熱くなったのである。

JUGEMテーマ:日記・一般

| | 23:42 | - | - |
走馬灯のような写真集を見る

昨日は、渡部さとる写真展『demain 2017』を観に中野のギャラリー冬青へ行った。今週末で会期が終わるので、滑り込んだのである。写真はこれまでに観たり、所有している写真も一部あったのだが、渡部さんがプロになってからの写真と学生時代の写真が混じっていて面白い。学生時代の写真を撮り始めた頃の写真は作為がなく素直なところがとても良いのである。今回の写真展に合わせて出版された写真集を見せてもらった。すると、見たことのない古い写真や子供の頃のアルバムの写真も入っていて興味深く、何度もページをめくって眺めた。渡部さんに写真集の見慣れない古い写真について訊ねると、旅先の屋久島で見せてもらったアルバムの写真を何点か入れているとのことだった。渡部さんが撮った写真と全く違う写真だが、渡部さんが見てきた記憶をまとめたもの、あるいは、渡部さんが鞄の中に大事に持っていた所持品の写真を取り出して並べたものだと思うととてもしっくりきたのである。渡部さんの人生を写真で綴る記録として読むとなんだかスッと入ってくる内容だった。渡部さんに写真集のコンセプトを訊ねると、走馬灯という言葉が出てきた。死ぬ間際に頭の中に記憶が映像として次々によみがえってくるというあれである。 渡部さんが最近興味を持っていること、現代美術、キリスト教、仏教、日本人の精神性などについて話をする。渡部さんが構想している本の話も面白かった。僕もただ生きるのではなく、もっと自由に生きようと思ったのであった。
| 写真 | 09:46 | - | - |
映画『沈黙ーサイレンスー』を観て日本で生きていくことについて考えた。

JUGEMテーマ:映画

 映画『沈黙ーサイレンスー』を観た。登場人物や時代背景など、自分とはかけ離れた遠い昔の話だと思って見ていたら、すごく身近に感じる話で驚いた。
特に長崎の奉行や役人、通訳の日本人の話している内容が、現代の日本の警察や検察といった役人のセリフに聞こえてくるのである。マーティン・スコセッシ監督が28年間も温めて映画化した価値がわかるのと同時に、監督に日本人の本質を見透かされているような気がしたのである。僕は遠藤周作の原作を読まずに映画を見たので、まるで自分が体験したことのように感じたのかもしれない。主人公の生き方を通して、日本で生きていくということを考えさせられた映画だった。戦前の日本に回帰させようという流れの中で、もっと古い時代から日本で行われてきた支配の構造を垣間見た思いである。この映画を見て、政府が共謀罪を導入しようとする今、思想や信仰の自由というものが実は当たり前のことではないということを実感したのである。原作も読んでみよう。

 

| 映画 | 22:41 | - | - |
iPad再生計画

 思えば僕がiPadを買ってから既に4年以上が経っていた。買った当初は物珍しさもあって、いつも鞄に入れて持ち歩いていたものの、そのうちに、持ち歩くこともなくなり、代わりに薄型のノートパソコンを買ってからは、めったに外へ持っていくことはなくなった。毎日使っているiphoneでは片手で簡単に文字入力できるようにはなっても、iPadは文字を入力するには大きすぎてiPhoneのように使いこなすには程遠かったのである。僕にとってiPadの難点は、キーボードがないことだった。インターネットの検索だけでなく、文章を書くには、画面上に現れるキービードでは物足りなかったのである。それで、iPad用にサードパーティ製のBluetooth接続のキーボードを買ったりしたのだが、iPad以上に嵩張るもので、結局、iPad自体を持ち歩くのを止めてしまったのである。

 しかし、最近、Amazonのセールで見つけたBluetooth接続のキーボードは僕の持っている4年落ちのiPad(第3世代)にもぴったりのサイズで、おまけに使わない時はiPadカバーとして使えるというものだった。価格もリーズナブルである。新たにノートパソコンを買ったり、iPad miniを買うよりも圧倒的に安いのである。僕は迷わず注文した。

届いたキーボードをiPadに装着してみると、まるで純正品のようにぴったりだった。

 こうして僕のiPadは新たなキーボードという伴侶を得て、5年目にしてようやく僕のお気に入りの相棒として再生したのである。

 

| 道具 | 15:37 | - | - |
マルティン・チャンビ写真展でガラス乾板を見直した
 広尾のペルー大使館にマルティン・チャンビ写真展を観に行った。会場で貰ったパンフレットを読むと、マルティン・チャンビは1891年生まれのペルーの写真家で約100年前にクスコで写真スタジオを開設して多くの写真を残したとのことだった。展示されている写真を見ていると、90年以上前に撮られたとは思えない程、シャープで立体感があり、圧倒された。また、スタジオで撮影された住民の男性のポートレートは着ている服の擦り切れた感じがとても立体感があって肌触りまでわかりそうな質感が感じられるのである。その写真の下の端の方を見ると、黒く歪に欠けているところがあった。それを見て「これはガラスのネガが欠けてしまったのだな」と思った。僕も数年前にインターネットでドイツのショップから撮影用にガラス乾板を輸入して使ったことがあるのだが、気をつけないといつの間にか端の方が欠けてしまったことがあったのである。その時も、人物を撮影したガラス乾板のネガを現像してみたら、洋服の皺がとても立体感のある感じになったので驚いたのだった。フィルムの登場する前にこんなに素晴らしいシステムがあったのかと思ったものである。輸入したガラス乾板はAGFAブランドで赤い箱に10枚入っていた。何十年ぶりかで復刻したもので、6.5cmx9cmの古い乾板用のカメラに専用のフォルダーに入れてそのまま使えるものだったので、田村写真の田村さんに譲ってもらった古いフォクトレンダーの蛇腹のカメラで撮ってみたのだった。それでも、10枚セットで1万数千円したので、写真展に参加するために撮ったきり、そのまま撮ることはなかったのである。しかし、今回のマルティン・チャンビの写真を見ている内にガラス乾板の魅力にすっかり取り憑かれてしまった。展示されている写真の中に密着プリントと思われる写真があったが、6.5cmx9cmよりも遥かに大きいサイズで、4x5よりも細長いフォーマットだった。写真を見るといくつかのフォーマットで撮っていると思われるが、いずれも大判のカメラだと思われる。写真の一つにクスコの遺跡を眺めるマルティン・チャンビのセルフポートレートがあった。そのチャンビの足下の辺りを見ると、AGFAという白い文字が裏返しに刻印されていた。

マルティン・チャンビ写真展

http://martinchambi.org/en/

iPhoneImage.png
 
| 写真 | 18:29 | - | - |
映画「ウィンターズ・ボーン」を観てリアルなアメリカを知る
JUGEMテーマ:映画

Netflixで映画「ウインターズ・ボーン」を観た。
アメリカの山地に住むヒルビリーと呼ばれる人たちの物語。
主人公はジェニファー・ローレンス演じる17歳の少女なのだが、覚醒剤を製造の罪で仮釈放中の父が失踪したことで保釈金の担保にされている自宅が取り上げられると保安官に告げられ、父親を捜しはじめる。映画を見ているうちに主人公に降りかかる厳しい現実に警察さえも頼れない中で、単純な解決策などあるはずもなく、観客はただ主人公の行動を見守るしかないのである。フィクションとは思えないほどリアルな展開に思わず息を飲んだ。
映画を見る前に映画評論家の町山智浩氏の解説を聞いたのだが、今まで知らなかったアメリカの側面を見た思いがした。
こうしたファンタジーではないリアルなアメリカ映画も良いと思った。

町山智浩が映画「ウィンターズ・ボーン」を語る
https://youtu.be/dtbUtU-vSiw

町山智浩の映画塾!「ウィンターズ・ボーン」【予習編】
https://youtu.be/lC1lZmRQ7LI

町山智浩の映画塾!「ウィンターズ・ボーン」【復習編】
https://youtu.be/blBd3oNwBgY

 
| 映画 | 17:51 | - | - |
映画「さざなみ」と「YASHICA」の謎
JUGEMテーマ:カメラ

  先日、ゴールデンウイーク中に映画「さざなみ」を観に行った。結婚して45年を迎えるイギリスの田舎に暮らす老夫婦の物語である。夫が結婚前に交際していて、一緒に登山中に事故で亡くなった恋人の女性の遺体がスイスの山中で発見されたという知らせが届いたことで平穏だった夫婦の関係がぎくしゃくしていく。映画自体、静かな中にも緊張感が漂っていてとても見応えがあったのだが、夫婦の間で写真についての会話があって、妻が結婚してからの写真が少ないことを嘆いて、もっと写真を撮っておけばよかったという話をするのだが、その会話の中で、夫が「確か古い日本製のカメラがあったはずだ」と言う場面があった。字幕は確か、「古い日本製のカメラ」と表記されていたと思うのだが、その声が僕の耳には確かに「YASHICA」と聞こえたのである。それで、映画の本筋とは関係ないのだが、その後、ヤシカのどんなカメラなんだろう?と気になって映画を見ていたのだが、ついに最後までカメラが出てくることはなかった。途中で、夫が屋根裏部屋にしまっていた亡くなった恋人を写した写真のスライドを妻が見つけて見る場面があるのだが、カラーのスライド写真だった。映画を観終わって、とてもざわざわした気持ちになった。淡々とした日常の映像だけで描かれているにも関わらず、主人公である妻のかき乱されるような不安な気持ちが伝わってきて凄い映画だと思った。
 後で画面には出てこなかったカメラについて思いを巡らせた。夫婦が結婚する45年以上前である1970年前後のヤシカの35mmフィルムのカメラというとヤシカエレクトロシリーズが思い浮かんだ。家にも一台あったが当時かなり売れたカメラだったようだし、可能性は十分にあるだろうと思った。もちろん、映画はフィクションだし、実際にカメラは存在しないのだろうけど、セリフにニコンやキャノンではなくヤシカと書いているところに妙にリアリティを感じたのであった。


映画「さざなみ」公式サイト
http://sazanami.ayapro.ne.jp/
| 映画 | 11:38 | - | - |
内藤さゆり写真展「Once in a Blue Moon」
JUGEMテーマ:写真

先日、久しぶりに四谷三丁目で電車を降りた。

写真家の内藤さゆりさんの写真展『Once in a Blue Moon』を観に行くためである。初めて行くギャラリーだったので、スマホの地図アプリを見ながら歩いていたら、中古カメラ店、アローカメラの入口の前に出たので、思わず吸い込まれそうになったが、我慢して、道に迷いながらも、なんとか無事にギャラリーに辿り着いたのである。展示されていたのは、以前、品川のCanonギャラリーSで展示されていたロンドンのシリーズ。

それらの誰も写っていない都市の風景を初めて観た時、核戦争後の未来をイメージしたことを思い出した。

僕はロンドンに行ったことはないけれど、この街で、明治の文豪、夏目漱石も留学中に神経衰弱に罹ったことを思い出し、きっと陰鬱な所なのだろうと思った。

今回の写真展では、Canonの時とは違い、作品のサイズを小さくプリントして額装していた。そして、去年、発売したという写真展と同名の写真集『Once in a Blue Moon』も置いてあった。この写真集が良かった。京都の印刷所で印刷したという大判のハードカバーの写真集で、108ページのボリュームである。在廊していた内藤さんが、カバーを外して背にタイトルの文字が箔押ししてあるのがこだわりだと言った。

内藤さんがこのシリーズの撮影のためにロンドンに滞在したのは僅か二週間。それで、写真展を開き、写真集を作ってしまったことを考えると、すごく効率的だなと思った。

あらためて、内藤さんにそう言うと、「カメラマンの仕事だとそういうことは当たり前だから」と言った。

内藤さんがこのシリーズを撮影したのは、ライカのM240という高額なデジタルカメラとライツのレンズの組み合わせだそうだが、解像度の高さよりも、レンズの収差の目立つ写真を見ていると、いつの時代の写真かわからなくなってきた。

因みに、内藤さんが約10年前に新宿のコニカミノルタギャラリーで展示した「多摩川日和」のシリーズは安価なトイカメラのホルガで撮られたものだったが、そのイメージの本質は今も変わってはいない気がした。

内藤さんには、出来れば、誰もいなくなった日本の地方を撮って頂きたいと思ったのであった。


内藤さゆり写真展「Once in a Blue Moon」
http://queuegallery.com/top.html


SAYURI NAITO PHOTOGRAPHS
http://sayuri7110.petit.cc
| 写真 | 00:55 | - | - |
長谷川冬樹写真展「ε0(イプシロンゼロ)」
JUGEMテーマ:写真


銀座ニコンサロンで開催中の長谷川冬樹写真展「ε 0(イプシロンゼロ)」を観に行った。
写真はモノクロの街のスナップである。作品の中に写り込みを活かした造形が幾つかあって、観ていて思わず頬が緩んだ。
作者の長谷川さんとは写真家の渡部さとるさんのワークショップを通じて数年前に知り合ったのだが、その頃はカメラやレンズの話をした記憶しか残っていない。しかし、その後、写真家の白岡順さんが主宰していた講評講座を見学しに行った際、長谷川さんの発表の番になると、参加していた人たちが、彼の写真に対して忌憚のない意見を次々に述べるのを目の当たりにして、僕は、すっかり自信をなくしてしまい、受講するのを諦めてしまったのだった。その時、白岡さんが「それでも、この写真はいいと思うよ」とフォローされていたのが印象に残っている。そんな時でも、長谷川さんは穏やかな笑顔を浮かべながら、参加者の批評を全て受け止め、プレゼンを続けていたのである。
あれから数年が過ぎたが、長谷川さんは、その間、写真を撮り続け、ニコンサロンにずっと作品を応募し続けていたそうだ。
眼の前に展示されている写真は僕があの時観た写真とは全く印象が異なっていた。
長谷川さんによると、今から1年前、白岡さんに写真を見せた時、白岡さんは「どうして、この写真が通らないのかね」と言っていたそうである。
長谷川さんは、大手電機メーカーで半導体の開発に携わったエンジニアだったそうである。しかし、40台後半に差し掛かった頃、そのキャリアを捨てて写真家として第二の人生を歩み始めた。欧米ではそういう人がいるとは聞いたことがあるけれど、なかなか勇気のいることだったのではないだろうか。
一緒に展示を観ていた友人が、突然、「え?これデジタルなの?!」と声を上げた。すっかり、銀塩プリントだと思って見ていたらしい。長谷川さんに使用した機材がソニーのデジタルカメラのα7にM型ライカ用のズミクロン50mmF2やエルマリート28mmF2.8の組み合わせで撮ったデータをハンネミューレのバライタ紙にプリントしたと聞いて驚いていた。(機材の件で後で確認したところ、一部、ニコンのD800で撮影した写真もあるそうだ。)確かに知らなければ、銀塩プリントだと思ったかもしれない。
長谷川さんに先日、亡くなった白岡さんはこの写真を観たのですか?と聞いたら、何割か見てもらった作品は入っているけれど、見せられなかった写真もかなりあるとのことだった。
ただ、去年の暮れ、長谷川さんが市ヶ谷のカロタイプに荷物の整理に行った際、久しぶりに会った白岡さんは、長谷川さんの銀座ニコンサロンでの展示が決まったことを大変喜んでくれたそうだ。
その話を聞いた僕は、何よりも写真のことが好きな白岡さんのことだから、会期中、きっと、この場にやって来て、長谷川さんの写真を満足そうに観ているに違いないと思ったのであった。

長谷川冬樹写真展「ε0(イプシロンゼロ)」

 
| 写真 | 21:43 | - | - |
「サウルの息子」でホロコーストの恐怖を疑似体験する
今日はファーストデーなので、地元の映画館へ映画を観に行った。
映画のタイトルは「サウルの息子」である。
第二次大戦中の強制収容所を舞台に仲間の死体処理を任されたユダヤ人の男の視点で描かれる物語である。
それだけ聞くと、とても重苦しくて、最後まで観ることが出来るのか?と思ってしまうのだが、見始めたら、どんどん引き込まれていった。説明的なナレーションもなく、必要最低限のセリフと主人公の顔のすぐ側に密着するカメラと周囲の音声が否が応でも臨場感を高めて行く。まるで自分が虐殺の現場にいて、今にも殺されるかもしれないと思ってしまうほどである。
スクリーンは昔の映画のスタンダードサイズだったが、その臨場感は最新の3Dの映画以上にも感じられた。
帰りに自転車に乗ろうとしたら、後輪がパンクしていた。乗る前に空気を入れたばかりだった。
僕は、乗れる所まで行こうと漕ぎ始めた。乗り心地は悪かったが、なんとか帰宅することができた。ネットでパンク修理のセットと携帯用の空気入れを注文した。
映画「サウルの息子」のどんなに酷い状況でも目的を持って生きようとする主人公の生き様は決して他人事には思えなかった。
僕自身もこの先、どうなるかはわからないが、目の前のことに集中して生きて行こうと思ったのである。

映画「サウルの息子」公式HP

www.finefilms.co.jp/saul/



 
| 映画 | 21:46 | - | - |
| 1/125PAGES | >>