明日から入院生活 | 我が漂流記

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 人生は映画に似ている | main | 入院一日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
明日から入院生活
評価:
井上 ひさし
文藝春秋
¥ 570
(2008-01-10)
コメント:四半世紀前に入院した時に読んだ本。その後の僕の読書生活に大いに影響を与えた一冊。

   明日から入院することになった。しばらくパソコンやネットを使えない生活である。そのような生活をするのは、久しぶりのことなので、正直戸惑っている。しかし、病を治療するためならば、それくらいの不便は仕方がない。
 思えば、入院は高校時代以来だから、実に四半世紀ぶりである。当時は、パソコンやインターネットなどまだ僕の周りには存在しなかった。左膝の半月板の手術で10日程の入院生活だった。隣家のおばさんが見舞いに来て、文庫本を数冊差し入れてくれた記憶がある。確か、何冊かは井上ひさしさんの小説だったと思う。僕は、それまで日本の小説というものをあまり読んだことがなかったが、この時、初めて日本の小説の面白さを知った。その中の一冊は、「青葉繁れる」という作品だった。古い病院で、ベッドサイドの抽斗を開けると、小さなゴキブリの幼虫が沢山いたりして、入院生活はとても快適とは言い難いものだったけれど、小説を読んでいる時だけは現実から解放されて、小説の世界に浸り、気持ちが癒されたのであった。だから、今回の入院にも、数冊の本を持っていくつもりだ。ただし、長編小説は持っていかない。消灯時間が早いので、熱中して読めないし、できれば、そんなに長く入院したいとは思わないからだ。今のところ短編小説集とエッセイ集を数冊持っていくつもりだ。それなら、きりの良いところで読み終えることができるから。
 明日から入院というのに、左足の踝が痛み出した。嫌だなと思いながら、入院に必要なものを買いに行ったら、歩いているうちにみるみる痛くなってきた。夜になって激痛になったので、痛み止めの薬を服用した。入院の前夜に痛風の発作とは困ったものだが、明日に備えて今夜は早めに寝ることにする。
| | 20:44 | comments(8) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:44 | - | - |
コメント
保坂です。

#本を差し入れしたいのですが、どうしたらいいですか?
| 保坂 | 2009/12/21 10:15 PM |
保坂様
 ありがとうございます。僕も持っていく本の候補が沢山ありますので、お気持ちだけ頂戴致します。元気になって退院したら、面白い本を紹介して頂ければ幸いです。感謝。
| 漂流者 | 2009/12/21 10:22 PM |
Twitterは使えるのですか?
早く退院出来るとよいですね。
| arata | 2009/12/21 10:25 PM |
arataさま
基本的にパソコン禁止なので、難しいですが、動けるようになれば、携帯を使えるエリアがあるので、twitter試してみます。
| 漂流者 | 2009/12/21 10:30 PM |
漂流者さんも入院とは・・・

iPhoneがあれば、ベッドの中でこっそりとは大丈夫かな?

影響が出そうな機器があるとそういう訳にもいかないでしょうけど。

お大事に〜って、言ったり言われたり、忙しいですな(笑)。
| オオカワ | 2009/12/21 11:22 PM |
しっかり直して810を担いで撮影に行けるように!直してくださいーー
| hiro | 2009/12/21 11:24 PM |
年末の入院、気を落とさずに小旅行と思って、ゆっくりしてください。
来年はもっと楽しみましょう。
| mactt | 2009/12/22 10:34 AM |
久々の休暇と気持ちを前向きに切り替えましょう。
こっちはカメラが入院となりました。

| Tarning | 2009/12/22 4:49 PM |
コメントする