iPad再生計画 | 我が漂流記

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< マルティン・チャンビ写真展でガラス乾板を見直した | main | 映画『沈黙ーサイレンスー』を観て日本で生きていくことについて考えた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
iPad再生計画

 思えば僕がiPadを買ってから既に4年以上が経っていた。買った当初は物珍しさもあって、いつも鞄に入れて持ち歩いていたものの、そのうちに、持ち歩くこともなくなり、代わりに薄型のノートパソコンを買ってからは、めったに外へ持っていくことはなくなった。毎日使っているiphoneでは片手で簡単に文字入力できるようにはなっても、iPadは文字を入力するには大きすぎてiPhoneのように使いこなすには程遠かったのである。僕にとってiPadの難点は、キーボードがないことだった。インターネットの検索だけでなく、文章を書くには、画面上に現れるキービードでは物足りなかったのである。それで、iPad用にサードパーティ製のBluetooth接続のキーボードを買ったりしたのだが、iPad以上に嵩張るもので、結局、iPad自体を持ち歩くのを止めてしまったのである。

 しかし、最近、Amazonのセールで見つけたBluetooth接続のキーボードは僕の持っている4年落ちのiPad(第3世代)にもぴったりのサイズで、おまけに使わない時はiPadカバーとして使えるというものだった。価格もリーズナブルである。新たにノートパソコンを買ったり、iPad miniを買うよりも圧倒的に安いのである。僕は迷わず注文した。

届いたキーボードをiPadに装着してみると、まるで純正品のようにぴったりだった。

 こうして僕のiPadは新たなキーボードという伴侶を得て、5年目にしてようやく僕のお気に入りの相棒として再生したのである。

 

| 道具 | 15:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:37 | - | - |